糖質を多く含む食材について

糖質は、様々な食物にふくまれる栄養素の1つです。特に多く含む食材として、以下のものが挙げられます。
まず、主食として食べられる米や小麦などの炭水化物には、多くのでんぷんが含まれています。このでんぷんは、体内で酵素により分解される段階で、ブドウ糖に変換され吸収されるものです。

 

主食の中でも、精製された白米や小麦は、糖分が多く含まれており、血糖値を急激に上げるため、ダイエットのためという観点からはあまりオススメできません。

 

精製されていない玄米や小麦には、ミネラルやビタミンといった栄養素が沢山残っており、血糖値をゆるやかに上げてくれるので、ダイエットに効果的だと言えるでしょう。
また、イモ類も多くのでんぷんを含んでいるため、糖分が多い食材です。ジャガイモやサツマイモ、カボチャなどは野菜の中でも糖分が多いため、カロリーも高くなり、ダイエット中は食べ過ぎないようにしましょう。

 

野菜というよりは、主食に近いものだと考えるべきです。
果物も糖分が多い食材ですが、含まれているのは果糖と呼ばれるもので、精製された砂糖などに比べてはるかに血糖値を上げにくいものです

 

。ビタミンや食物繊維が多く含まれており、美容にもとても良いものなので、ダイエット中でも適量を食べるべきです。