どうして簡単にダイエット出来るのか

食事の内容も再検討し、脂肪分の少ないメニューを考えます。タンパク質の比率を上げていくのも一考ですが、1回の食事で吸収できるタンパク質の分量には上限があります。

そこで1日の食事回数を5回ほどに増やすことで一食あたりの分量が減り、この問題が解決します。

最後にホルモンについても検討してみます。膵臓から分泌されるグルカゴンが肝臓に働き、グリコーゲンから分解されたグルコースとアミノ酸からの糖新生で再生されたグルコースが血中に放出され血糖が上がります。

グルカゴンの働きは脂肪分解を促すことです。

この働きを妨げるのがインシュリンの急激な分泌ですが、対策としては食物繊維をたくさん摂ることで解決しす。