糖質制限ダイエットの悪い所

しかも、糖質の量にさえ気をつければ、食べたいものを食べることができるのです。

 
まさに理想のダイエット、と感じるかもしれませんね。
しかし、実際にはメリットばかりのダイエットではないのです。

 
糖質制限をすると血糖値の上昇が抑えられ、インシュリンの分泌量が減るため、体脂肪が燃焼されやすくなります。

 
しかし、一方で血糖値が上がらないということは「満腹感が得にくい」ということでもあります。
脳に「お腹がいっぱいになった」という信号が届きにくくなってしまうのです。
食事をしてもお腹がいっぱいになったと感じられなければ、満腹感を得ようとついつい量を食べ過ぎてしまいがちです。

 
お米やパンなどの主食は糖質が多いため、おかずが少なくても満腹になりやすいのですが、このダイエットでは主食も食べられる量が制限されており、結果的にはおかずが増える傾向にあります。

 
おかずを多く食べるということは、そのための材料も多く買わなければならなくなるため、食費も高くついてしまうのです。

 
糖質制限によるダイエットにチャレンジしようと考えている方は、良い点ばかりでなく、このようなデメリットもあるということを理解した上で行うようにしましょう。